FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フーバー大統領の回想録『Freedom Betrayed(裏切られた自由)』には、大東亜戦争の歴史の書き換えを迫る重大な記録が含まれている。

フーバー大統領の回想録『Freedom Betrayed(裏切られた自由)』には、大東亜戦争の歴史の書き換えを迫る重大な記録が含まれている。

戦国時代の歴史の裏で・・・織田信長の背後にちらつく影

戦国時代の歴史の裏で・・・織田信長の背後にちらつく影

【日本人が知ってはならない歴史】





本題は7:00位からです。


-1

続きを読む»

みんなで古代史を考える会の回答

  http://kodaishi-21.hp.infoseek.co.jp/index.html 


わたしがhttp://taro2121.blog38.fc2.com/blog-entry-14.html#tbの欄で主張していた

みんなで古代史を考える会の西山氏の主張に対しての意見を直々に

説明を頂いた。以下に列挙させていただく;

1 あなたは日本の歴史の改竄が数百年から1000年単位で行われた主張されている
  がはたしてそんな長い期間の歴史を変えることなどはたして可能なのか?
  私も歴史の教科書に書かれていた史実が真実であるとはさらさら考えておりませんが
  その当時まかり通っていた国の歴史を全く別のものに変えることなどできるのでしょうか?
  たとえ白村江の戦い以降、日本が唐に征服されたとしても十数年の歴史を変えるぐらいが
  関の山ではないのでしょうか?

  回答文冒頭からの引用
  当方のサイトをご訪問いただき誠にありがとうございます。
その中でも述べておりますが、私は、万葉集の歌の解釈に疑問を抱き、それをきっかけとして
古代史に関わることとなりました。
その解釈の矛盾を解決するには、わが国に残されている資料では、解明することはできませんでした。
そのカギは、中国の史書にありました。
ただ、その史書も、時代によって異なる歴史認識が提示されているので、簡単ではありませんでした。
しかし、その史書を解明することにより、わが国の矛盾だらけの古代史を紐解くことが出来ました。
さて、いくつかの疑問点を戴いております。
1)につきましては、今述べたようなところになりますので、「中国の史書を検証」をご参照ください。
  そこで、ほとんどは、解明できると思われます。


2 世界の歴史においてこのような1000年単位の歴史の改竄が行われた国のケースは
  他にあるのでしょうか?


  私の知るところでは、唐王朝とわが国との関連以外には、存じ上げておりません。


3 藤原氏が唐の支配の代理人だという説について:
   どうして日本の支配する地位のナンバー2に甘んじてきたのか?
   天皇にとって替わらなかったのか?
  
  藤原氏とは、唐(藤)を源(原)とする勢力であり、「天皇」は、その藤原氏の象徴であり、藤原氏そのものでもあります


4 唐の支配について: そもそも世界における歴史を紐解くと
  支配する側の風習が支配される側のものにとって変わることが頻繁に行われている。
  宗教、人々の風俗などで。唐の支配によってそれまでの既成の風俗に変化はなかったのか?
  宗教を例に挙げると神道にとって変わって必ず儒教が第一になるのでは?
  文字や言語を例にとれば漢文や中国語になるのでは?
  これは歴史の必然であり、支配者が支配される側の方に合わせるなどいったことは考えられない
  
 わが国では、唐王朝に征服されるまでは、出雲王朝が全国のつつ浦々で神社という形式で以って奉られていました。
 神社の入り口にある「鳥居」は、その出雲王朝の国家的象徴である「天」を象ったものです。
 しかし、唐王朝の支配により、仏教が強力に持ち込まれました。
 いわゆる、宗教支配と言ってもいいのかもしれません。
 唐王朝は、当初、道教、儒教、仏教という順で宗教を推奨していました。
 唐王朝を建国した李淵は、道教により、「あなたは天子になる」というお告げがあり、そういったことから唐王朝は、道教を1番に推奨しました。また、第3代皇帝李治は、道教の祖と言われる老子の本名が、李耳ということもあり、道教を推奨しました。しかし、その道教では、水銀を外丹と言って不老長寿の妙薬だとしていました。もちろん、水銀は猛毒です。ですから、李治は、体が弱く、その皇后武則天が、実権を握ります。
 そして、李治の死後、武則天は、その毒性を知っていたのか、自らが即位した後は、仏教を1番として推奨しました。
 この時期、仏教は大きく発展しました。
 その武則天の時代に、この列島が征服されているため、この列島には他の2つの宗教よりも、仏教が持ち込まれ、その影響が今にも残っています。
 しかし、それまで根ざしていたいわゆる神道を消し去ることはできなかったので、今のわが国には、この2つの宗教の影響が色濃く残っていると考えられます。
 他の風俗でいえば、漢字、暦、などにはもちろんその影響が残されています。
 言葉にもその影響は残されていますが、どちらかといいますと、基本的には在来の言葉に染まっていく傾向の方が強いと思われます。
 また、出雲の勢力は、津軽(東日流)に逃避していったので、出雲弁と津軽弁には、イントネーションに共通したものがあります。 まだまだございますが、当方のサイトにほとんどの認識は公開しておりますので、そちらをご覧ください。



 どのように西山氏の内容を載せようかと苦慮したが、私が編集してしまうと、西山氏の

 正確な意図が伝わらなくなると思い、氏の回答をそのまま転載させていただきました。

 私が西山氏の考えに完全に同調するわけではないが、彼の主張は一貫していると思うし
 
 面白い考え方だと思う。 ただ彼の学説が世間一般に通るには、例えば中国や朝鮮に

 そのような史実を書かれた書物が見つかると必要があると思うし、 九州にある水城

 (天智天皇の治世に建設された半島からの侵攻を防ぐ為の砦)が破壊の痕跡など

 見つかる必要があるかと考える。
                     
  http://kodaishi-21.hp.infoseek.co.jp/index.html 

邪馬台国は出雲を意味していた? みんなで古代史を考える会

http://kodaishi-21.hp.infoseek.co.jp/index.html 


こちらのホームページ1年前からありずっと気になっていました。
先ほどの邪馬台国発見の記事に関連していると思い載せておきます。
大変興味深い説だとは思うのだが、この説は古代日本の史実そのもの
ものをひっくり返すくらいの主張であり、この説が既存の諸説にとって
替わるということはあるかはわからない。

で、私のほうもこのホームページの管理者にコンタクトとの意味も込めて
質問をメールでしてみた。

1 あなたは日本の歴史の改竄が数百年から1000年単位で行われた主張されている
  がはたしてそんな長い期間の歴史を変えることなどはたして可能なのか?
  私も歴史の教科書に書かれていた史実が真実であるとはさらさら考えておりませんが
  その当時まかり通っていた国の歴史を全く別のものに変えることなどできるのでしょうか?
  たとえ白村江の戦い以降、日本が唐に征服されたとしても十数年の歴史を変えるぐらいが
  関の山ではないのでしょうか?

2 世界の歴史においてこのような1000年単位の歴史の改竄が行われた国のケースは
  他にあるのでしょうか?

3 藤原氏が唐の支配の代理人だという説について:
   どうして日本の支配する地位のナンバー2に甘んじてきたのか?
   天皇にとって替わらなかったのか?

4 唐の支配について: そもそも世界における歴史を紐解くと
  支配する側の風習が支配される側のものにとって変わることが頻繁に行われている。
  宗教、人々の風俗などで。唐の支配によってそれまでの既成の風俗に変化はなかったのか?
  宗教を例に挙げると神道にとって変わって必ず儒教が第一になるのでは?
  文字や言語を例にとれば漢文や中国語になるのでは?
  これは歴史の必然であり、支配者が支配される側の方に合わせるなどいったことは考えられない

わたしもこのホームページを主張を精読したわけではないのでもしかしたら矛盾が生じているか分からない。
著者の回答があった時に改めて訂正しお詫びしたいと思う。

最新記事
ad
カテゴリ
ad2
クリック募金
「いのちのクリック」クリックからはじめる自殺予防支援
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。