FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪・資産家姉妹餓死事件の裏に銭ゲバ不動産会社 


大阪府豊中市で不動産を複数所有していた元資産家姉妹が
 
90円を握りしめ差し押さえられたマンション内で
 
餓死するという衝撃的な事件があった。
 
事件の現場は入居者には大阪から補助金がでる「特優賃」 

と呼ばれる賃貸マンション。豊中市曽根西町2丁目の
 
ヒルト本陣山。
 
http://hiyo.jp/3j1 


約20年前に銀行の役員をしていた姉妹の父と母が相次いで
 
逝去。しかし相続税5000万が払えず
 
20年の延納を選択。他に所有していた不動産の地代で
 
支払っていくが、それだけでは賄いきれず土地を処分
 
した事もあった。

 その後「とある建築会社」が積極的に営業をかけ
 
平成13年にヒルト本陣山が完成、入居募集をかけるが
 
賃貸物件として人気のあるエリアではなかった事もあり
 
15室のうち入居しているのは姉妹が住んでる部屋を
 
含めて10室であり、空室率は30%を超えていた。
 
毎月の持ち出しは50万円以上あったという。
 
しかし、毎月の持ち出しが50万以上ということは
 
たとえ満室であっても持ち出しが出るという事だ。
 
いったいどういう事だったのだろうか。

 激裏GATE-PRESSに届いたチクリより

 ======================

 豊中市のマンションで、姉妹が餓死された事件ですが。

相続税が滞っているにも関わらず、

妹さんを言いくるめて、約4億もの借金をさせて

マンションを建てさせたのが、大阪にある

コーナン建設です。

当時の営業マンも、その上司も既に退社していますが、

マンション建設という営業成績を上げる為に、

コーナン建設が保証人になるという条件付きで

無理やりマンション建設の受注を取りました。

姉妹は常々『コーナン建設に騙された!騙された!』と、

言っていました。建てた後は、知らぬ存ぜぬで、

姉妹に対する何のホローもせず、

受注成績を上げるだけが信条の会社です。

 =====================

強引な営業する業者の事業計画書は甘いことが
 
ほとんどだ。
 
マンションを建てる選択をしたのは姉妹だが
 
結果として債務は膨らんだことになる。

また姉妹のマンションを差し押さえたのは国ではなく市。
 
このことから相続税とマンションのローンだけではなく
 
家賃収入にかかる市民税か固定資産税の滞納だと
 
思われる。

20年前といえばバブル時期でもっとも相続税が高かった時期。
 
相続対策にもタイミングを逸し、資産活用も失敗。
 
不幸とはいえ切ない結末である。





┏お小遣い欲しい…┓
┗デモ面倒はいや~!┛





最新記事⇒ http://taro2121.blog38.fc2.com/


info-zero


http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=ms00000026   http://www.gekiura.com



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ad
カテゴリ
ad2
クリック募金
「いのちのクリック」クリックからはじめる自殺予防支援
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。