FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「焼肉酒場えびす」へ殺人肉を卸した大和屋商店の裏事情

続々と死者が増える恐怖のO111。
 勘坂社長の逆切れ、土下座会見が話題になり
 「焼肉酒場えびす」が集中的に叩かれているが
 殺人肉を送り込んだ卸業者、大和屋商店には
 報道されない過去があるとチクリが入ったのでお知らせいたします。

 大和屋とえびすのメールやりとり
 http://www.gekiura.com/~press/ebisumail.jpg
 5月6日社長の自宅と本社に家宅捜査が入ったが社長はとんずら
 この大和屋商店、2009年から2010年にかけて関東9店舗で
 起った七輪焼肉安安、O157食中毒事件に関連しているという。
 
 今回の食中毒事件と同じく安安側の衛生管理に問題があった点では
 同じだが、「出荷される時点」ですでに汚染されていたと
 捜査当局は判断。捜査がすすめられたが、なぜかフェイドアウト。
 大量の食中毒を出したにも関わらず、安安は現在も営業を続け
 関連があったという大和屋商店もおとがめなし。
 なぜならば・・大和屋のバックは
 えびすの仕入れ先にも名前が挙がっていたハンナンフーズだという。
 ハンナンフーズといえば、同和利権の王。
 「荊タブー」。
 マスコミは同和利権である焼肉、食肉業者の不祥事については
 人権という名のもとに一切報道できない。そして死者が4人も
 出たのにも関わらず、その裏にうごめく解同など、同和利権についても
 批判も報道もできないのだ。
 今回の殺人焼肉についても「えびす」を潰し、大和屋やボス
 ハンナンフーズは生き残るだろう。

 実際に大和屋と取引のある読者のチクリより

 「この業者は、コスト面でかなりのメリットがあるので、
 安安さんをはじめ、焼肉チェーン店との取り引きは
 かなり多いです。 (略)
 少しでも食材にクレームをつけると、
 「この値段で納めてるんだから、これくらいしょうがないだろ」
 みたいなことを平気で言います。 」

 「衛生管理においてはメチャクチャですよ。手袋なし、
 包丁使い回し、落ちた肉そのままパック。踏んだ肉そのまま出荷


 安安事件も、うやむやになり何事もなかったように営業している。
 死者が出た今回の事件だが、再び同和利権にみ消されるのか。
 

  
┏お小遣い欲しい…┓
┗デモ面倒はいや~!┛





最新記事⇒ http://taro2121.blog38.fc2.com/


info-zero


http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=ms00000026   http://www.gekiura.com



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ad
カテゴリ
ad2
クリック募金
「いのちのクリック」クリックからはじめる自殺予防支援
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。