FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萬田久子の不倫相手が死亡、その裏とカネ


 1987年、ニューヨークで不倫相手の子を出産、
 シングルマザーとなった萬田久子。
 その相手であり「セオリー」ブランドで有名な
 リンク・セオリー・ジャパン社長佐々木力氏が癌で死亡した。

 佐々木氏
 http://www.gekiura.com/~press/sasaki.jpg

 佐々木氏はワールド時代、ワールド香港を立ち上げたが
 大赤字で撤退、クビになり行き先がなかった所で
 セオリーを発掘しリンク社設立。萬田のモデル戦略もあり成功。
 現在リンク社はユニクロの子会社。リンク社が上場した際に
 150億以上。そしてユニクロとリンク社が合併、株売却した際にも
 佐々木氏、萬田久子とも10億以上の金が転がり込んできたという。

 新築時に近隣トラブルを起した120坪の大豪邸には萬田と佐々木の表札が
 http://www.gekiura.com/~press/sasaki2.jpg

 http://www.gekiura.com/~press/sasaki3.jpg

 激裏会員様はコチラ
 http://www.gekiura.com/~press/member/sasaki2.jpg

 萬田が出産当時、妻子があった佐々木氏だがほどなくして離婚。
 しかし萬田と籍は入れないまま、元セオリーモデルで
 現在プレスの入江万里子氏との隠し子発覚。
 その娘はまだ幼稚園入園前だという。しかし、都会的でおしゃれなブランドに、
 略奪、隠し子というのはイメージダウン。
 
 ちなみに萬田久子の実家精肉は卸。
 大阪府松原市で「肉のマンタ」で知らない人はいない。
 籍を入れない理由、深いものがあるようだ。


 萬田久子の格好よすぎる喪服姿
 http://www.gekiura.com/~press/manda.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ad
カテゴリ
ad2
クリック募金
「いのちのクリック」クリックからはじめる自殺予防支援
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。