FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビが独居老人をロケ内で火あぶりにし放置し死亡させる

  

 フジテレビで2003年に放送されていた深夜バラエティ
 「退屈貴族」。番組内の「火渡りするという老人」ロケに登場した
 老人が番組内で大やけどを負うも放置し、
 重篤症状にまで至った事実を隠蔽、話題になっている。

 問題の「火渡りするという老人」ロケの火傷がもとで死亡
 http://www.gekiura.com/~press/rouzin.jpg

 【退屈貴族スタッフ】
 プロデューサー
 石井浩二
 ディレクター 
 金子傑 (現在:いいともプロデューサー)
 渡辺剛(現在:SMAPSMAPディレクター)
 飯村徹郎(現在:めちゃイケプロデューサー)
 アシスタントプロデューサー
 北口富紀子(現在:ピカルの定理プロデューサー)
 


撮影は2003年多摩川河川敷で行われた。
 ダンボールの上に灯油を撒き、老人を歩かせる。
 渡りの後、火傷を負い、歩くことは出来なかったが
 スタッフは病院にも連れていかず老人を背負い
 タクシーに乗せ自宅に送っただけだった。

 その後、火傷が悪化し多臓器不全に陥り、
 体温も34度まで低下、意識不明の状態に。
 不審に思った病院が警察に通報。警察がフジテレビに
 該当ロケがあったか確認するが「該当なし」と回答し
 退屈貴族はそのまま放送される。

 番組放送後、視聴者から「やりすぎ」の声が相次いだ為
 ロケの事実を認めたフジテレビは、同局に顧問として天下りしていた
 元警察幹部が、警察への事情説明を行う。
 ロケの事実は隠蔽。しかし老人は一度も退院することなく
 2007年に火傷による腎不全で死亡。

 問題の動画
 

 動画を見る限り、複数回やらせた可能性がある。

 警察OBを雇っていれば、人殺しロケでも罪に問われないばかりか
 事情聴取すらされない。

 何かと問題が多いフジテレビ。10年近く前とはいえ殺人ロケに対する
 釈明はないのだろうか。

小ネタ;都内のハプニングバーで働いてたけど質問ある?


月間わずか10アクセスでも毎月なぜか売り上げがあがるほったらかしプログの作り方。



最新記事⇒ 最新


info-zero


http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=ms00000026   http://www.gekiura.com



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ad
カテゴリ
ad2
クリック募金
「いのちのクリック」クリックからはじめる自殺予防支援
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。