FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋元の計画ついに解禁!!元AKBやまぐちりこ

ついに解禁!元AKBやまぐちりこ仕組まれた秋元の計画

 関連記事 http://taro2121.blog38.fc2.com/blog-entry-73.html 

国内最大級オークション・ハチオク



ついに誕生したAV嬢、元AKBやまぐちりこ。
 
8月26日には一部レンタル店にも並んでおり
 
当然のことながら大ヒット。顔射、おそうじ
 
潮吹きあり、1回戦は個性派男優イタリアン高橋と
 
2回戦は笹木良一と大胆に絡んでいる。
 
上半期ナンバーワンの元おはガール七色あんを抜き、
 
今年最高の売り上げになるのは間違いない。

 
しかし・・肝心のやまぐちりこは所在不明。そこで
 
激裏GATE-PRESSのAKBオタスタッフが所在調査。
 
まずはHP上では所属している事務所、プラチカへ 
 
「ファンレターを出したい」とメール・・返信がない。
 
http://www.platica.jp/nakanishirina/index.html 

そこで「ファンレターを出したいのですが」
 
と、電話で問い合わせてみるも「中西里菜はHPには
 
載せているが契約している状態ではないので渡せない」と。
 
その後、AV発売元のアリスジャパンHPの問い合わせ
 
フォームより「ファンレターを渡したい」とメール・・
 
返信がない。またもや電話で問い合わせすると
 
「やまぐちりこのAVについてはアリスは販売を
 
委託しただけであり制作はしていない。また所属女優でないので
 
連絡は取れない」との事。

 
現在の所属事務所が不明な状態で何本もAVを出せる
 
わけがない。そこでアリス経由で調べると
 
所属事務所らしきものが判明。「BELLTECH
 
ベルテックというアリスの関連会社でAVの制作も
 
ベルテックが行っているという。
 
http://www.belltech-pro.com/index.html
 
ベルテックが公表している社の電話番号で検索すると
 
「Clarice Entertainment」と被る。こちらは
 
AV女優である櫻井ゆうこ、範田紗々が在籍している
 
務所だ。なぜ、すでに契約をしていないプラチカのHPに
 
中西里菜を載せているのか。それは
 
プラチカ→ベルテックへ移籍すると範田紗々らと
 
同じ単なるAV嬢の扱いとなり、
 
元AKBの威光が弱まってしまう。
 
在籍していなくても元AKB中西里菜のプロフは
 
やまぐちりこの為に必要なのだ。

 
AKB48、秋元、プラチカ、ベルテック。
 
すべては繋がっており秋元の
 
絶妙な仕掛けの賜物である。

最初のスクープは6月21日の週刊大衆。


この段階ではまだ元AKBメンバーがAV出演?!
 
というだけで詳細は不明。中西里菜の名前が出ていたが
 
うさぎつばさの例もあることからあまり話題にならなかった。

 
そして第二弾。6月25日のFRIDAY。
 
元AKB48初期メンバー「やまぐちりこ」名義でヌード公開。
 
ここでやまぐちりこ=中西里菜と判明、話題になる。
 
同じ日、アリスジャパンのHP上ででやまぐちりこが
 
AVデビューすることを発表。
 
ここのカラクリは・・アリスジャパンでは元AKBと宣伝できない。
 
単に「やまぐちりこ」だけだと中西を知る一部のファンにしか
 
気づかれないため、現在のAKBの知名度を利用しFRIDAYで
 
情報を流す作戦だ。


かなり話題になり予約も伸び始めた7月には
 
週刊大衆でヌードグラビア。
 
週刊大衆上では「元AKB初期メンバーの大物アイドル」

「りこてぃん」と情報を流し、やまぐちりこ=中西里菜
 
と決定付けさせる。


写真集は週刊大衆の発行元と同じ双葉社から7月13日に発売。
 
もちろん写真集ではAKBと書いていない。

要はアリスジャパン発売のAVや写真集上で「元AKB」と
 
書けないためFRIDAYや週刊大衆が元AKBと情報補完、
 
宣伝する作戦だ。


その後、決定づけるように7月15日、現AKB側から写真集
 
出版差し止め訴訟の記事が出る。ただしこれは夕刊フジのみ。
 
ここでやまぐち=中西は完全に同一人物だと公言された。

 
その後、裏ジャケ、キャプ画像、追加のサンプル画像。
 
これで内容がソフトAVではなく、フェラあり本番ありと宣伝。
 
その後、 アサヒ芸能で「潮吹き」「お掃除フェラ」ありと
 
情報を補完。完璧すぎるマーケティングである。

そして1本目発売前に2本目の発売タイトル
 
敏感なカラダ。ピクピクしちゃった)決定と宣伝。


AKBのようなマニアックアイドル(地下アイドル)は
 
腐る程いるが、AKBがブレイクできたのはやはりおニャン子で
 
実績がある秋元のネームバリュー、実績が大きい。
 
秋元がプロデューサーだからオーディションを受けたという
 
子(親)がほとんどだろう。しかしその秋元がウラでは
 
DMMに関わり、メンバーをAV女優として売り飛ばす計画を
 
作っていたら・・。「やめたメンバーが勝手にやった事」
 
と嘯くが、AKBをブレイクさせた秋元の人脈、力があれば
 
中西里菜のAV女優化は潰せた・・公認だという事だ。

あいかわらず所在不明の中西。事務所でさえ公式に
 
発表されていないうさんくささ。すでに6本撮り終えており
 
年内には出てくると言われている。秋元の仕掛けが
 
まだまだあるのだろうか。
 
新品家電が99%OFF

めちゃオクで購入



http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=ms00000026   http://www.gekiura.com

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ad
カテゴリ
ad2
クリック募金
「いのちのクリック」クリックからはじめる自殺予防支援
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。